アファーメーションの意味とは?効果的な例をご紹介!

多くの人が知らないうちに実践しているという「アファーメーション

その言葉や意味を知らなくても、実際に行っている人は多いようです。

「なりたい自分になる!」もっとも効果的な自己暗示の方法の一つであると言われているアファーメーション

では実際には、どのように実践すればよいか例をいくつかあげてみます。

今回はアファーメーションの意味と効果的な例をご紹介します。

【スポンサーリンク】

アファーメーションの意味とは?

アファーメーションの意味とは?効果的な例をご紹介!

アファーメーションは「なりたい自分になる」もっとも効果的な自己暗示の方法の1つです。

その方法としては、とっても簡単です。

肯定的な言葉を頭で何度も繰り返して、潜在意識にすり込ませていきます。

※頭の中で繰り返すだけでなく、実際に文章にして書き出したり、口に出しても効果的です。

アファーメーションの効果的な例

ここで、例をいくつかあげていきます。

例えば、「私はお金持ちだ」と繰り返し言い続けてください。

そうすることで、潜在意識は「自分はお金持ちである」と認識するようになります。

そして、結果「お金持ちである現実」をあなたの所に引き寄せることが出来るのです。

そのほかの例:「私は有名人だ」、「私は賢い」、「私は人気者だ」など

アファーメーションを行う上でのポイント

では、ここで実際にアファーメーションを行う上での注意点に関してご紹介していきます。

実践のコツ

  • 一人称で書く
  • 実現したい思いを明確に
  • 肯定的な表現を選ぶ
  • 「~になる」という表現は避ける
  • 何度も繰り返すことが大事

一つずつ、詳しく解説していきます。

【スポンサーリンク】

一人称で書く

アファーメーションを実践する時は、必ず「私」を主語にしてください。

他人と過去は変える事は出来ません。

「なりたい自分になる!」⇒自分を変えることで、周りも変わります。

自分を主語にしましょう。

実現したい思いを明確に

実現したい思いは、はっきりと明確にしましょう。

解釈によって様々な意味にもなってしまうような曖昧な表現はやめて、はっきりと明確にしましょう。

肯定的な表現を選ぶ

世の中には、否定的な言葉があふれていますが、否定的な言葉はネガティブな考えを引き起こしてしまいます。

否定的な言葉「●●しない」ではなく、肯定的な言葉「●●である」といった表現を使うようにしましょう。

例えば「頭は悪くない」ではなく「頭が良い・賢い」や「貧乏ではない」ではなく「お金持ちだ」などです。

「~になる」という表現は避ける

「お金持ちになる」などといった「●●になる」という表現は避けましょう。

「お金持ちになる」と言うと、今はお金持ちではない。と言ってしまっているようなものです。

そうすると、現在のほうに潜在意識がいってしまいます。

今も「●●である」と断定する事が大切です。

例「お金持ちになる」ではなく「お金持ちである」

何度も繰り返すことが大事

何度も何度も繰り返す事が大切です。

思い立ったときに、1回実践しただけでは効果的ではないです。

毎朝起きたら実践する。お風呂に入ってる時、通勤途中でなど1日の生活の中で時間などを決めて実践してみると効果的です。

続けることで、潜在意識にすりこまれていきます。

まとめ

アファーメーションは、何度も繰り返し行うことが大切です。

何度も「なりたい自分」を口に出したり、頭の中で考えることで潜在意識にすりこまれていきます。

これは、世の中の成功者と呼ばれる方達も実践している方法です。

有名なスポーツ選手の方なども行っている方法ですので是非、実践してみましょう。

あなたの生活に、取り入れることで「なりたい自分」に一歩、いえ大きく一歩!近づけるはずです!

【スポンサーリンク】