鍵を落とす時のスピリチュアル的な意味やメッセージ

鍵を紛失する時のスピリチュアル的な意味とは、どういったものがあるのでしょうか?

「最近、家の鍵をなくした」

「車の鍵を落とした」

「鍵をよく落とす」といった経験はありますか?

家の鍵をなくしたら、ショックですし、セキュリティー面なども大変です。そのあとの対応も大変でしょう。

鍵を落とす時」や「鍵を紛失する時」は、何かに意識が傾いていて、注意力が散漫になっている可能性があります。しかし、スピリチュアル的な観点からその原因を探っていくと様々な意味があるのです。

そこで今回は、鍵を落とす時・鍵をなくす時のスピリチュアル的な意味やメッセージについてご紹介します。

【スポンサーリンク】

鍵をなくす時のスピリチュアル的なメッセージとは

鍵を落とす時に訴えかけていることは「新しい環境や変化に対して不安を抱いている可能性があります。新しい環境に行きたくない、今のままでいたいという気持ちの表れ」だと伝えています。

鍵は、扉や何かを開けるために必要なものです。

つまり、『鍵をなくす時の意味』は、目の前の扉を開けることをためらっている可能性があります。

それは、新しい環境かもしれません。何かが変わることへの不安なのかもしれません。

今の状況から変わっていくことに対して、不安や恐怖心を抱き、今のままで居たいと拒絶している気持ちが、『鍵を紛失する』といった形となって現れている可能性があるのです。

確かに変化は不安かもしれません。

しかし、変化の先には必ずあなたの成長があります。

そして、成長の先には、成功や達成が待っているのです。

あなたが今経験している変化は、あなたにとって必要な変化です。恐れることなく、受け入れてみてください。

【スポンサーリンク】

ハプニングの暗示の意味も

そして、もう一つ、鍵を落とした時に伝えていることがあります。

鍵をなくした時のスピリチュアル的な意味は、「近いうちに、ハプニングが起こる可能性がある」ということです。

スピリチュアルの観点から、鍵の意味を伝えると、幸運の象徴となっています。

つまり、その鍵を紛失してしまったということは、予期せぬハプニングが起こる可能性を示唆しています。

しかし、恐れることはありません。

『鍵を紛失した』という出来事を通して、あなたに心の準備を促してくれているのです。

今取り掛かっている大事な仕事や作業などがあれば、万が一の時に備えて準備などしておきましょう。

【スポンサーリンク】

心を閉ざしていませんか?のメッセージも

そして、最後にもう一つ伝えていることがあります。

鍵を落とす意味は、「心を閉ざしてしまっていませんか?心の扉を開けることに不安や恐怖心などを抱いている可能性もあります。信じることが怖いと感じていたり、自分の本心を伝えて嫌われたら怖いと感じていたり、ありのままの自分を出せずにいるようです。自分の心に素直になってありのままの自分で、自然体で居ることを怖がらないでください。」ということも伝えてくれているのです。

自分の心の扉を閉ざさないでください。

本心を伝えることや自分の心に素直になることは、怖いかもしれません。

信じても裏切られた過去があるから、簡単に信じるなんて・・・と思っているかもしれません。

しかし、自分の心を閉ざし自分の気持ちを閉じ込めていたら、ずっと苦しいままです。

分の気持ちに素直になって、自然体のあなたで居ることに怖がらず、ありのままの自分をまずは自分自身が受け入れてあげてください。

【スポンサーリンク】

まとめ

鍵をなくした時のスピリチュアル的なメッセージは『新しい環境や変化に対しての不安の気持ちを手放してください。そして、自分の心を閉ざすのは、もう辞めてください。新しい環境に飛び込んだり、自分の心を素直にさらけ出すことは、確かに不安かもしれません。しかし、その変化を受け入れて、自分を受け入れることで、あなたは大きな成長と喜びを感じることが出来るはずです。』と教えてくれています。

鍵は、扉を開けるためのものです。

それを失ったということは、潜在意識の中で扉を開けることを拒否している可能性があるのです。

それは、新しい環境への扉かもしれません。

変化への扉かもしれません。

自分の心の扉かもしれません。

あなたが何に対して、不安を感じ、何を開けたくないと感じているのかは、自分の心としっかりと向き合ってみてください。

しかし、どんな状況であっても『鍵をなくす』という出来事を通して、自分の心としっかりと向き合う時間を貰えた。と前向きに捉えることがとても大切です。

失ったものは、もう戻ってこないことがほとんどでしょう。

それをいつまでも悲しんでいたら、前に進むことは出来ません。

「失くした」ことにフォーカスするのではなく「今あるもの」にフォーカスし、感謝することが大切です。

そして、あなたの手元から離れていったものと過ごした時間に感謝し、これからの時間をもっと大切にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です