虹を見た時のスピリチュアル的な意味やメッセージ

綺麗な虹と山の写真

虹を見た時のスピリチュアル的な意味とは、どういったものがあるのでしょうか?

普段の生活の中で、虹を見る機会は少ないかもしれませんが、ふと空を見上げてみると綺麗な虹がかかっていた!という光景を見るとなんだか嬉しくなりますよね。

その綺麗な景色にうっとりする人も多いのではありませんか?

その綺麗な虹がかかった景色を見た人に対して、どのようなスピリチュアル的な意味が送られてきているのでしょうか?

そのメッセージをしっかりと受け取って、人生の気付きを得ていきましょう。

そこで、今回は虹を見た時のスピリチュアル的なメッセージについてご紹介します。

【スポンサーリンク】

虹を見た時のスピリチュアル的な意味やメッセージとは

空に広がる虹の写真

虹を見た時は、「不安や心配というあなたを苦しめているものはやがて、消えていきます。安心して前に進んでください」と教えてくれているエンジェルサインです。

止まない雨なんてないのです。

雨がやんだ後には、綺麗な美しい光が差すのです。

あなたの人生においても同様です。

辛く苦しい時期は、やがて終わりを告げます。その終わりは、必ず来るのです。

そして、あなたが心から望んでいた光が差すのです。

だから、安心してほしいと伝えてくれているのです。

何も心配せず、前を見て進んでほしいとあなたに伝えているスピリチュアルメッセージとなります。

進む方向を示してくれる希望の光

虹は、あなたの進むべき道を示してくれる「道しるべ」の光のようなものでもあります。

あなたがどこに進むか迷っている時。

これからどうすればいいのか、迷っている時。

虹を見せて、あなたの進むべき道を示してくれているのです。

あなたの未来に、必ず光は指すから信じて進んでほしいという背中を押すエールでもあります。

【スポンサーリンク】

虹の7色はチャクラの7色

虹の7色は7つのチャクラを意味するとも言われています。

チャクラとは体の様々な部分にあるエネルギーの入り口のことで、そのチャクラの7色が揃うと虹になります。

私たち、人間はチャクラを開くことで、外界と体内のエネルギーを入れ替え浄化を行うため、虹は浄化という意味も込められています。

心の中につかえていたものが浄化され、迷いが消えていく時でもあるのです。

まとめ

虹を見た時に伝えてくれている事は、『止まない雨はありません。この困難だと思える事を乗り越えた先には、あなたの望む光が待っています。困難の先には、素晴らしい未来が待っているという事を忘れないでください。そして、その困難だと思える事は、必ず終わりが来ますので安心してください』と教えてくれているエンジェルメッセージです。

虹を見た事で、あなたの心は浄化されていきます。

そして、心の中につっかえていた迷いや不安が自然と消えていくのです。

なので、何も心配する事はありません。

光り輝くあの虹のように、あなたの未来も光り輝いています。

だから、今は不安や心配というものを手放し、進んでいきましょう。

あなたの進むべき道は、もう決まっています。

迷うことなんてありません。

雨がやんだ後には、綺麗な虹が広がるように、困難を乗り越えた後には、あなたの望む素晴らしい未来が広がっていくのです。

【スポンサーリンク】


この記事が気に入ったら 「いいね!」してね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です