歯が取れる時や欠ける時のスピリチュアル的な意味やメッセージ

歯が取れる時や欠ける時のスピリチュアル的な意味とは、どういったものがあるのでしょうか?

最近、歯や差し歯などが取れたり、歯が欠けるといった経験などは、ありますか?

歯は、差し歯や銀歯、歯の詰め物なども含みます。

「歯が取れた」「歯が欠けた」「差し歯が取れた」「銀歯が取れた」「歯の詰め物が取れた」など、歯や銀歯が取れる時には、どのようなスピリチュアル的な意味が込められているのでしょうか?

今回は、歯(銀歯や差し歯)が取れる時のスピリチュアル的な意味やメッセージについてご紹介します。

【スポンサーリンク】

歯が取れる・欠ける時のスピリチュアル的なメッセージとは

歯が取れたり、差し歯や銀歯が突然取れるといった場合「人生の流れが変わったり、これから変化が起こる予兆」と伝えています。

歯が欠けたり、取れる時は、「リスタートの時」「新しいステップアップ」「入れ替えの時」「変化の時」など、ある事柄が終わり新しいスタートを切るといった意味があります。

そして、差し歯や銀歯であっても、歯はあなたの体の一部です。そして、体と心は繋がっているので、あなたの心つまり魂に変化が起これば、当然肉体にも何らかの変化が起こります。

その肉体の変化が起こると、今までしていた差し歯などが合わなくなるので、取れてしまったり合わなくなるという現象が起こるのです。

歯が欠けたり、銀歯や差し歯などが取れるのは、スピリチュアルな観点からいえば「これまでの流れが終わりを告げて、新しい流れが始まっていくサイン」なのです。

【スポンサーリンク】

あなたにとって不要なもの

歯が取れる、差し歯や銀歯、歯の詰め物が取れるといった場合には、「あなたにとって不要なものが離れる時です。あなたの成長や前に進むにあたって不要なものを手放す時です」というサインでもあります。

つまり、あなたの体に合わなくなった=不要になった。ということです。

あなたの魂が変化や成長をする時に、不要なものが手元から離れていくという現象が起こります。

差し歯などが突然取れる時や合わなくなったのなら、あなたの魂・体に合わなくなった可能性が考えられます。

【スポンサーリンク】

まとめ

あなたの歯が欠けたり、銀歯や差し歯が取れる時のスピリチュアル的なメッセージは、『人生の流れが変わる時です。あなたの魂が変化や成長する時』だと教えてくれています。

あなたの体の一部でもある”歯”が、取れたり欠けたりといった場合は、あなたの体に合わなくなったために外れた可能性があります。

それを、スピリチュアル的な意味から捉えると「あなたの魂が変化、そして成長する時です。あなたに合わなくなったものや不要になったものは自然と離れていくます」ということを伝えています。

つまり、あなたの人生にとってある一つの流れが終わりを告げて、新しい流れが始まっていく時です。

あなたの体に合わなくなったものを無理に留めておく必要はありません。

心機一転、新しい前向きな気持ちで新しい道を進んでほしいと魂が伝えているのです。

※他の箇所の体調の変化については、「【早見表】体調不良や体調の変化のスピリチュアル的な意味の一覧表」から、あなたが不調な部分を探してみてください。
【早見表】体調不良や体調の変化のスピリチュアル的な意味の一覧表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です