数字の1221と天使が描かれているイラスト

1221のエンジェルナンバーを繰り返し見る時は、天使からどのようなメッセージが届いているのか?

数秘術の一種であるエンジェルナンバーですが、買い物のレシート、時間、車のナンバーなどの数字を通して天使が私たちに様々な気付きを与えてくれています。

このように真ん中で反転している数字は、ミラーナンバーや鏡数字とも呼ばれています。

その内容は、見た数字の構成や順番によって内容を解釈する事が可能と言われています。

そこで、今回はエンジェルナンバー1221の意味についてご紹介します。

【スポンサーリンク】

エンジェルナンバー1221の意味

ランプを持った天使の像の写真

1221のメッセージ

エンジェルナンバー1221と出会った時は、「あなたの願いや思いが現実へと近づいています。あなたの思っていること全てが現実へとなっていくのです。それを信じ期待してください。願いは叶うということに確信を持ってください。あなたの思考が全ての土台です。あなたが想像しないことは現実にならないのです。良いことも悪いこともあなたの思考が現実を創っていくのであなたが現実化を望むことだけに意識を集中させて下さい」と教えてくれているのです。

あなたの願いや思いは、叶うということを確信を持って信じてください。

現実になること全ては、あなたが想像したことやあなたの思考が土台となっています。

だから、あなたが良いことを想像すればその通りになりますし、悪いことを想像してしまったらその通りになってしまうのです。

だから、あなたが心から本当に望むものだけに意識を集中させてみてください。

悪いことが頭をよぎったらすぐに気持ちを切り替えるようにしてください。

「こうなったらどうしよう」なんて不安でいっぱいになんてしないでください。

ただ楽しいこと。心がワクワクすること。あなたが本当に心から望むことだけで頭も心もいっぱいにしてください。

そうすれば、それを土台に現実化されていくのです。

【スポンサーリンク】

ネガティブな感情に支配される前に切り替える癖を

人生全てが、うまくいかない時だってあるかもしれません。

自分の思い通りに進まず、イライラしたり心配や不安でいっぱいになってしまう時だってあるかもしれません。

でも、そんな時だからこそ思い出してほしいのです。

そんな時だからこそ、そんなネガティブな感情に自分が支配されてしまう前に気持ちを前向きに切り替える習慣、癖をつけておいて欲しいのです。

悪い方向に考えたって何もいい事は起こりません。

ただ悩み、落ち込み怖くなり立ち止まってしまいその辛い状況がずっとずっと続いていくだけです。

それなら、気持ちを切り替えて前向きな選択と前向きな行動をしていけば、その辛い状況もいつの間にか終わっているはずです。

辛い現実に負けそうな時こそ、気持ちを切り替えて行動を起こしていくことが必要なんだと天使があなたに伝えてくれているのです。

まとめ

綺麗な虹と山の写真

エンジェルナンバー1221が教えてくれている事は、『あなたの願いや思いが現実になるための土台です。あなたの思考が全ての現実化の土台を創っているのです。だから、悪いことを考えていたら本当にその通りの結果を呼んでしまうのです。心配、不安、恐怖、怒りなどのネガティブな感情はすぐに手放し気持ちを切り替えて前向きな選択と行動を起こしてください。そうすれば、辛い状況だっていつの間にか終わっているのです』と伝えてくれているのです。

あなたの思考が全ての現実化の土台となっているという事を忘れないでください。

あなたが考えたこと、あなたが想像したこと全てが現実となっていきます。

それは、良いことだけではありません。

悪いことも全てです。

だから、思考は常に前向きに保ちあなたの望むことだけを考えるようにしてみてください。

もし、ネガティブな感情に心も頭も支配されそうになってもすぐに気持ちを切り替えることを忘れないでください。

悪い方向に考えていても、悩み苦しみ落ち込み立ち止まってしまうだけです。

辛い状況の中で、立ち止まってしまっていてはその辛い状況はこの先もずっと続いてしまうだけなのです。

だから、気持ちを切り替えて前を見て進んでみてください。

一日、一歩でも構いません。

ほんの少しずつでもいいのです。

ほんの少しずつでも進んでいれば、いつかその辛い状況が終わる時は必ず訪れます。

だから、それを信じて一歩ずつ進んでいきましょう。

【スポンサーリンク】